2020年 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
今日
定休日
2020年 12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
定休日
 

R・T・P(アール・ティー・ピー)利用規約

 
 R・T・P(アール・ティー・ピー)(以下「R・T・P」)は、オンラインショッピング(以下「本サービス」)を提供するにあたり、次の通り利用規約(以下「本規約」)を定めます。本規約は、利用者の方が本サービスに適用されるルールとなります。本サービスを快適にご利用になるために、本規約の内容をよくお読みください。
 

第1条(定義)

  1. 本規約上で使用する用語の定義は、次の通りとします。
    1.   (1) 「本サービス」とは、R・T・Pが運営するオンラインショッピングサービスを意味します。
    2.   (2) 「本サイト」とは、当社が運営するウェブサイト(https://www.r-t-p.net/)を意味します。なお、当該ウェブサイトに追加・変更等が生じた場合は、追加・変更等後のウェブサイトも含みます。
    3.   (3) 「コンテンツ」とは、R・T・Pが本サイトにて提供する情報・画像等の総称を意味します。
    4.   (4) 「利用者」とは、本サイトにアクセスする方を意味します。
    5.   (5) 「問い合わせ」とは、利用者がR・T・Pに対して行う本サービス及び本サイトに関する質問の総称を意味し、見積の依頼もこれに含みます。
    6.   (6) 「改造」とは、車両の新車時の正規搭載品が装着されていない状態又は故意にその状態を目指して、適合品以外の取付を行う行為の総称を意味します。
    7.   (7) 「適合確認」とは、R・T・Pが利用者の提示する車両情報をもとに行う、本サイトの掲載商品と当該車両との適合性の確認を意味します。
    8.   (8) 「ID」とは、本サービスの利用のために利用者が固有に持つ文字列を意味します。
    9.   (9) 「パスワード」とは、IDに対応して利用者が固有に設定する暗号を意味します。
    10. (10) 「個人情報」とは、住所、氏名、職業、電話番号等個人を特定することのできる情報の総称を意味します。
    11. (11) 「知的財産権」とは、特許権、特許を受ける権利、実用新案権、実用新案権登録を受ける権利、意匠権、意匠権登録を受ける権利、著作権、商標権その他の知的財産権に関して法令により定められた権利又は法律上保護される利益にかかる権利を意味します。
    12. (12) 「ショッピング」とは、本サイト内でR・T・P又は他の事業者が提供する商品を利用者が購入することを意味します。
 

第2条(サービス内容)

  1. R・T・Pは、本サイトにおいて、ショッピングや商品のレビューその他、本サービスの目的を実現するための様々なサービスを提供します。
  2. ショッピングにおいて、商品の内容、価格、納期、決済方法、配送料等については、それぞれのページやご利用ガイドに記載されています。内容をよくご確認の上、ショッピングをお楽しみください。
  3. その他、個別のサービスの説明及び規定については、本サイトそれぞれのページをご覧ください。
 

第3条(売買契約)

  1. R・T・Pと利用者との売買契約は、次の各号に定めた時点で成立するものとします
    1.   (1) R・T・Pが利用者から注文情報を受け取った時点
    2.   (2) 利用者が未成年者の場合、必ず両親又は親権者の同意を得てください。R・T・Pは未成年者からの注文が合った場合、両親又は親権者の同意が得られた上でご注文が行われたものとみなします。
  2. 売買契約成立後、R・T・Pは利用者が注文時に指定した決済方法により、成立した売買契約に基づく代金を利用者に請求できるのものとします。
 

第4条(料金)

  1. 各商品の価格、消費税、配送料は商品ページ、ご利用ガイドをご覧ください。
 

第5条(お支払い方法)

  1. 利用者は、商品購入時に、次の各号に定める決済方法を選択できるものとします。
    1.   (1) 銀行振込
    2.   (2) 代金引換
    3.   (3) クレジットカード払い
  2. 銀行振込手数料等、支払にかかる諸手数料は利用者が負担するものとします。
  3. 代金引換の決済上限金額は30万円とします。
  4. 支払い金額が不足している場合、その金額の如何に関わらず利用者は売買契約成立時と同一の決済方法により、遅滞無く差額の支払いをするものとします。差額支払いの際に要する手数料等は利用者の負担とします。
  5. 支払い金額が過大であった場合、R・T・Pは利用者からの要望に基づいて、過大であった金額から返金に要する手数料等を差し引いた金額を利用者へ返金するものとします。ただし、返金額が返金に要する手数料等を差し引いた結果0円以下となる場合、利用者への返金は行わないものとします。また、代金支払い日から2週間の期間が経過した場合、利用者は返金を受けることができないものとします。
  6. 利用者の選択したクレジットカード会社からカード与信不履行の旨の連絡があった場合、R・T・Pは、利用者に他の決済方法による代金支払いの請求を行えるものとします。
 

第6条(問い合わせ及び適合確認)

  1. 利用者は、原則問い合わせフォーム、もしくは電子メールを用いて、R・T・Pに問い合わせをできるものとします。ただし、次の各号に定める場合には応じることができないものとします。
    1.   (1) 本サービスと関係のない問い合わせの場合
    2.   (2) 商品の取付方法等、車両整備に関する問い合わせの場合
    3.   (3) R・T・Pに分かり得ない商品の仕様に関する問い合わせの場合
    4.   (4) メーカー純正品番の開示を求める問い合わせの場合
    5.   (5) 改造に関する問い合わせの場合
    6.   (6) 問い合わせの回答に必要な利用者情報及び車両情報の提供がない場合
    7.   (7) 問い合わせの内容があいまいであるとR・T・Pが判断する場合
    8.   (8) 本サイトに未掲載の商品に関する問い合わせにつき、明らかに利用者が購入意思を欠くとR・T・Pが判断する場合
    9.   (9) 問い合わせ内容が本サービスの円滑な運営を妨げるとR・T・Pが判断する場合
    10. (10) 上記の他、R・T・Pが不適切と判断する場合
  2. 利用者は、原則問い合わせフォーム、もしくは商品ページ上の「商品についてのお問い合わせ」ボタンを用いて、R・T・Pに掲載商品の適合確認を依頼することができるものとします。ただし、次の各号に定める場合には適合確認を行わないものとします。
    1.   (1) 商品注文後の適合確認
    2.   (2) 本サイトに掲載のない商品に関する適合確認の場合
    3.   (3) 改造に関する適合確認の場合
    4.   (4) 適合確認に必要な利用者情報及び車両情報の提供がない場合
    5.   (5) 上記の他、R・T・Pが不適切と判断する場合
  3. 前項の適合確認を行ったにもかかわらず、購入した商品が不適合であった場合は、第7条の規定を適用するものとします。 


第7条(保証)

  1. R・T・Pは、取付後の商品に独自の保証を設けるものとします。
  2. 保証期間は、利用者が商品を受領した日から起算して6ヶ月又は走行距離5千キロメートルのどちらか早く到達するまでとします。
  3. 保証方法は、返金又は代替商品との交換となり、その方法については、第8条の規定を適用するものとします。
  4. 保証対象は、不具合商品本体のみとなり、その他発生する全ての費用については、第18条の規定を適用し、いかなる場合でもR・T・Pは一切負担を負いません。
  5. 保証は、期間内1回に限るものとし、代替商品に対する保証はないものとします。
  6. 保証の適用には、原則問い合わせフォーム、もしくは電子メールを用いてR・T・Pに連絡の上、R・T・Pのクレーム内容聴取を受けることを条件とします。また、R・T・Pはクレーム内容聴取の際に、利用者に確認に必要な資料の提出を求める場合があります。
  7. 前各号の規定にかかわらず、次の場合については保証の対象外とするものとします。
    1.   (1) 商品説明に保証記載のない商品
    2.   (2) 保証期間を過ぎている場合
    3.   (3) 改造に関する場合
    4.   (4) レース車両等、過酷な状態で使用した場合
    5.   (5) 不具合の原因が商品本体以外にある場合
    6.   (6) 不具合商品に分解又は分解された形跡がある場合、もしくは現品がない場合
    7.   (7) クレーム内容聴取及び必要書類の提出に応じていただけない場合
    8.   (8) 正規ディーラー、指定工場又は認証工場以外で作業を行った場合
一般のユーザーが自ら取付を行った場合は保証対象外となります。ただし、取付前の商品に不具合や不良があった場合は、初期不良として第8条の規定を適用します。
 

第8条(返品及び交換)

  1. R・T・Pは、原則として、購入者の都合による返品・交換・キャンセル・返金等の対応は行っておりません。
  2. R・T・Pは、利用者から注文情報を受取後、商品の適合性確認、商品の品質、配送について十分に万全を期すものとし、購入者は商品到着時に検品を行うものとしますが、次の場合についてのみ返品交換又は返金の対応を行います。
    1.   (1) 商品に不具合や不良があった場合
    2.   (2) 注文とは異なる商品が届いた場合
    3.   (3) R・T・Pの適合確認に誤りがあった場合
    4.   (4) 第7条に定める保証の場合
商品の不具合には、外箱(パッケージ)の傷や汚れ及びR・T・Pでの入荷検品時の開封痕は含みません。また、使用や取付に支障のない傷や変形等も含まないものとします。
返品交換の代替商品は、購入時のメーカー・ブランドとは別のメーカー・ブランドになる可能性があります。
  1. 前項各号のいずれかの状況があった場合、R・T・Pは原則として商品の返品交換を行い、返品交換のできない商品については、返金の対応を行うものとします。ただし、保証の場合を除き、購入者が商品到着後、7営業日以内にR・T・Pへ事前連絡を行った場合に限るものとし、事前連絡がない返品交換又は返金対応には一切応じないものとします。
  2. 返品交換及び返金対応にかかわる商品の返送先は元払いで下記へお送りください。
■返送先住所
 〒632-0062
 奈良県天理市長柄町1795
 R・T・P 返送係宛
返品交換対応の場合、代替商品に返送用送り状を同梱するため、これを利用して返送を行ってください。
返品送料はR・T・Pが負担します。
返金対応の場合、購入者の希望日を聴取の上、、R・T・P指定の配送業者に集荷依頼を行います。
返品送料はR・T・Pが負担します。
  1. 第1項、第2項の規定にかかわらず、保証の場合を除き、次の場合についての返品交換及び返金対応には応じることができない場合があります。
    1.   (1) 商品到着後、7営業日以上経過後に連絡を行う場合
    2.   (2) 事前連絡の際に聴取した内容とは異なる不具合(商品本体及びパッケージの著しい破損や汚損、紛失、数量の不足等看過できない異常)が確認された場合
    3.   (3) 一度以上使用した商品
    4.   (4) その他、R・T・P到着時点で確認後、明らかに使用感があると判断した商品
 

第9条(配送)  

  1. 配送業者は、R・T・P指定の業務委託先により、十分に安全性を持った状態で梱包、配送され、購入した利用者へのお届けとなります。
  2. 特殊な配達方法をご希望の場合には、追加運賃等が発生する可能性があります。
  3. 商品の配送は基本的に商品代金入金後の発送となります。
  4. 利用者の都合(長期不在や宛て先違い等)により商品が配達できず、配送会社の保管期限(佐川急便の保管期限は5営業日)を超えて、商品がR・T・P指定倉庫に返送されて再配達となる場合には、再配達にかかる運賃は利用者負担とし、追加運賃の入金確認後に行います。またそのままキャンセルとなるような場合のうち、R・T・Pが悪質であると判断した場合(連絡がつかず、一方的に受取り拒否された場合等)には、一度目の送料及び返送されてきた際の送料は、実費を請求するものとします。


第10条(通知方法)

  1. 利用者への連絡が必要であるとR・T・Pが判断した場合には、原則電子メールを用いて通知するものとします。
  2. 利用者が、R・T・Pに対し通知が必要であると判断した場合には、原則電子メールにて連絡を行うものとします。


第11条(外部委託)

  1. R・T・Pは、システム管理及びクレジット決済代行その他、必要に応じて業務の全部又は一部を外部委託することができるものとします。
 

第12条(ID及びパスワード管理)

  1. 利用者は、本サービスに使用するID及びパスワードを管理する責任を負うものとします。
  2. 利用者は、登録したIDにおいて発生するいかなる活動や行為についても、R・T・Pに対して責任を負うことに同意するものとします。
  3. ID及びパスワードの不正利用の疑いがあると感じたときは、R・T・P宛に連絡を行ってください。
 

第13条(登録情報の変更)

  1. 利用者のID情報に変更が発生した場合は、速やかに変更の手続を行ってください。これを怠ったことにより利用者に不具合が発生しても、R・T・Pは一切の責任を負いません。
 

第14条(遵守事項)

  1. 利用者は、1人につき1つのIDを保有できるものとします。1人が複数のIDを保有すること又は複数人が1つのIDを共有することはできません。
  2. 前項にかかわらず、R・T・Pが事前に承認した場合については、IDの保有ができるものとします。
  3. 利用者は、IDを第三者に譲渡、質入、貸与することはできません。
  4. 利用者は、本サービスを利用して行う自らの行為について一切の責任を負わなければなりません。
  5. 利用者は、年齢その他のID情報を偽って登録してはなりません。また、他人の情報を登録してはなりません。


第15条(禁止行為)

  1. 利用者は、次に掲げる行為は行ってはならないものとします。違反した場合、R・T・Pは、必要な措置を取ることができます。
    1.   (1) 他者になりすまして本サービスを利用する行為。
    2.   (2) R・T・Pが認める以外の方法で、本サービスに関連するデータのリンクを、他のデータ等へ指定する行為。
    3.   (3) R・T・Pを利用するコンピュータに保存されているデータへ不正アクセスする、又はこれを破壊もしくは破壊するおそれのある行為。
    4.   (4) 本サービスの運営を妨害する行為。
    5.   (5) R・T・P又は第三者の名誉・信用を毀損又は不当に差別もしくは誹謗中傷する行為
    6.   (6) R・T・P又は第三者のプライバシー権を侵害する行為
    7.   (7) 本サービスを使用した営業活動並びに営利を目的とした利用及びその準備を目的とした利用。ただし、当社が別途承認した場合には、この限りではありません。
    8.   (8) 他の利用者の個人情報を収集したり、蓄積すること、又はこれらの行為をしようとする事。
    9.   (9) 公序良俗に反する行為及びその他国内外の法令に反する行為。
    10. (10) 上記の他、R・T・Pが不適切と判断する行為


第16条(著作権)

  1. 本サイトに掲載されている情報に関する著作権その他の権利は、R・T・Pに帰属します。利用者は、R・T・Pが承認した場合(当該情報に関して権利を持つ第三者がいる場合には、R・T・Pを通じ当該第三者の承諾を取得することを含む)を除き、R・T・Pを通じて入手したいかなる情報も複製、販売、出版その他私的利用の範囲を超えて使用をすることができないものとします。
 

第17条(個人情報管理)

  1. 別途定める「個人情報保護ポリシー」(https://www.r-t-p.net/html/page2.html)について定めています。
 

第18条(免責)

  1. R・T・Pは、利用者又は利用者のPC利用環境について一切関与せず、また一切の責任を負いません。
  2. R・T・Pは、本サービスの内容変更、中断、終了によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負いません。
  3. R・T・Pは、予期せぬ要因で本サイトの閲覧に関して障害が生じた場合、一切責任を負いません。
  4. R・T・Pは、広告掲載企業及び決済代行会社に関する事項につき、一切の責任を負いません。
  5. R・T・Pは、適合確認を正確に行うため慎重を期しておりますが、その正確性及び完全性に関して、いかなる保証もするものではありません。
  6. R・T・Pは、適合確認の誤り、商品の不具合及び発送間違いにより間接的に生じる追加の交換工賃・レッカー代・その他営業損失等の費用については、いかなる場合においても一切責任を負いません。
  7. R・T・Pは、本サイトに掲載されている全ての情報を慎重に作成及び管理していますが、その正確性及び完全性に関して、いかなる保証もするものではありません。
 

第19条(損害賠償)  

  1. R・T・Pは、本契約の履行に関し、利用者又は利用者の責に帰すべき事由により損害を被った場合、損害賠償を請求することができるものとします。
  2. R・T・Pは、本サービス利用により生じた一切の損害につき、その賠償義務を負いません。ただし、R・T・Pの故意又は重大な過失により利用者又はその他の第三者に損害を与えた場合は、該当する者が直接被った損害額の実費を上限として損害賠償を行うことがあります。

 
第20条(不可抗力)

  1. 地震、落雷、火災、風水害、停電、天災地変、戦争、暴動などの不可抗力、又は他の類似したR・T・Pの合理的支配の及ばない状況で、直接又は間接的に生じた本規約上の義務の不履行や履行遅滞につき、R・T・Pは、利用者その他の第三者に一切責任を負いません。
 

第21条(準拠法)

  1. 本規約の準拠法は日本法とします。
 

第22条(裁判管轄)

  1. 本規約に関して紛争が生じた場合、R・T・Pの本店所在地を管轄する地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
 
 

2019年6月5日 制定

ページトップへ